研究業績リスト


2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度

著書

  1. 川上浩司編著:平岡敏洋,小北麻記子,半田久志,谷口忠大,塩瀬隆之,岡田美智男,泉朋子,仲谷善雄,西本一志,須藤秀紹,白川智弘:不便益 -手間をかけるシステムのデザイン-, 近代科学社,p.224,2017/11/01 (担当部分:第8章 観光と不便益).

受賞

  1. Best Student Paper Award of The 2018 IAENG International Conference on Computer Science 2018, Yudai Higuchi, Takayoshi Kitamura, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: A Proposal of a Scoring Method of Impatience with a Text-based Emergency Call to Fire Department.
  2. Certificate of Merit (Student) for The 2018 IAENG International Conference on Computer Science 2018, Kazuhiro Minami, Takayoshi Kitamura, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: Gazing Point Analysis of Experts and Beginners DJ for Acquiring Basic Mixing Skills.
  3. 優秀プレゼンテーション賞, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2018 , 安井 友徳,北村 尊義,泉 朋子, 仲谷 善雄: 地図を読み慣れない児童の避難行動を支援する振動型避難方向指示システムの提案.
  4. 奨励賞, 電子情報通信学会関西支部学生会 第23回学生会研究発表講演会, 海保 宙也, 泉 朋子:「ひとがた」を用いた観光スポットの訪問意欲向上支援システム.
  5. 奨励賞, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2017, 山脇 拓哉, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 独り言表現を用いた経路案内表現によるドライバーの曲がり角認知支援の検討.
  6. 第73回電気学術振興賞 論文賞, 坂入 威朗, 渡辺 昌志, 亀井 克之, 小中 裕喜, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 記憶にあるランドマークの相対的位置関係に基づいた地図検索方式.
  7. インパクト賞, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2016 , 北村 尊義, 中野 はるか, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 同調心理を考慮した幼児の食べ物好き嫌い克服支援システム.
  8. 優秀プレゼンテーション賞, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2015 , 江守 直人, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光客避難誘導策定支援システム-従わない人のモデル化-.
  9. Certificate of Merit (Student) for International Conference on Computer Science and Applications 2014, Kakeru Kusano, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: Disaster Information Sharing System using Pictograms: Representation of Multidimensional Information.
  10. Best Student Paper Award of International Conference on Computer Science and Applications 2014, Luis Ernesto Dominguez Rios, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: Active Social Network System for the Creation of Self-relief Communities in Disasters.
  11. Certificate of Merit (Student) for International Conference on Communications Systems and Technologies 2013, Shuichi Takagi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: Sightseeing Assistance via Information Inheritance with Journey Note System in Sightseeing Spots.
  12. 第13回ヒューマンインタフェース学会論文賞, 益田 真輝, 泉 朋子, 仲谷 善雄:観光をあえて未完了に感じさせることによるリピータ創出システムの提案.
  13. Best Paper Award, Fifth International Conference on Advances in Human-oriented and Personalized Mechanisms, Technologies, and Services (CENTRIC 2012) , Kazuki Ono, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: A Route Recommendation System in Disaster-Struck Areas with Consideration for Preferences of Affected Drivers.
  14. Annual Report of Osaka University, 100 Papers Selection 2008, Tomoko Izumi, Taisuke Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa: Move-optimal Gossiping among Mobile Agents.
  15. Best Paper Award, the 3rd International Workshop on Self-Adaptable and Autonomic Computing Systems (SAACS2005), Tomoko Suzuki, Taisuke Izumi, Fukuhito Ooshita, Toshimitsu Masuzawa:Biologically Inspired Self-Adaptation of Mobile Agent Population.

論文・研究発表等

年度ごとに学術論文誌,国際会議発表,国内会議・シンポジウム発表の順に掲載しています.

2018年度

  1. Yuuki Hiraishi, Takayoshi Kitamura, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Experimental Verification of Sightseeing Information as a Weak Trigger to Affect Tourist Behavior, International Conference on Social Computing and Social Media, the 20th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI’18), LNCS 10913, pp.303-317, Springer, 2018/07.
  2. Takuya Yamawaki, Takayoshi Kitamura, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:The Proposal of Cognitive Support for Driver by Voice Guide Using Soliloquy Expression, International Conference on Social Computing and Social Media, the 20th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI’18), LNCS 10913, pp.157-172, Springer, 2018/07.
  3. 泉 朋子, 樋口 雄大, 北村 尊義, 仲谷 善雄: 消防緊急通報時のスマートフォンでのテキスト編集過程情報を用いた焦り度の推定可能性の検証, グループウェアとネットワークサービスワークショップ2018 論文集 (6 pages), 2018/11.
  4. 南 和宏, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 楽曲聴取時のビートカウント能力評価システムの開発, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2018, DVD-ROM論文集,pp.714-718, 2018/09.
  5. 鳥田 拓也, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 大規模地震発生時のドライバーの意思決定傾向をドライブシミュレータで調査する手法の検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2018, DVD-ROM論文集,pp.787-794, 018/09.
  6. 平石 雄規, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 主体的な観光行動時における観光スポットのナッジ情報提示システムデザインの検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2018, DVD-ROM論文集,pp.729-736, 2018/09.
  7. 小西 鉄馬, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 速度超過時に車両の速度表示の隠蔽が心理的速度抑制に与える効果の検証, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2018, DVD-ROM論文集,pp.737-744, 2018/09.
  8. 安井 友徳, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 地図を読み慣れない児童の避難行動を支援する振動型避難方向指示システムの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2018, DVD-ROM論文集,pp.748-753, 2018/09(優秀プレゼンテーション賞).
  9. 植木 蒼馬, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: なじみのある情報を提供する主体的観光支援システムの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2018, DVD-ROM論文集,pp.764-769, 2018/09.
  10. 山脇 拓哉, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 独り言表現を用いたカーナビ音声案内方式への道路環境の影響の評価, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2018, DVD-ROM論文集,pp.707-713, 2018/09.

2017年度

  1. Alberto Gallegos, Taku Noguchi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Zone-based energy aware data collection protocol for WSNs, IEICE Transactions on Communication, Vol. E101.B (2018), No.3, pp.750-762, IEICE, 2018/03.
  2. Kazuhiro Minami, Takayoshi Kitamura, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: Gazing point analysis of experts and beginners DJ for acquiring basic mixing skills, International MultiConference of Engineers and Computer Scientists (iMecs 2018), pp.214-218,2018/03(Certificate of Merit (Student) for The 2018 IAENG International Conference on Computer Science 2018).
  3. Toshihiro Naka, Takayoshi Kitamura, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: A study of Color Representation for Interface of Cell-based Evacuation Guidance Simulation for Tourists, International MultiConference of Engineers and Computer Scientists (iMecs 2018), pp.416-421,2018/03.
  4. Yuudai Higuchi, Takayoshi Kitamura, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: A proposal of a scoring method of impatience with a text-based emergency call to fire department, International MultiConference of Engineers and Computer Scientists (iMecs 2018), pp.202-206,2018/03(Best Student Paper Award of The 2018 IAENG International Conference on Computer Science 2018).
  5. Luis Ernesto Dominguez-Rios, Tomoko Izumi, Takayoshi Kitamura, Yoshio Nakatani:Effect of Animated and Non-animated Pictograms for a Non-lingual Disaster Management Application, the 19th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI’17), LNCS 10272, pp.645-663, Springer, 2017/07.
  6. Giuseppe Antonio Di Luna, Paola Flocchini, Taisuke Izumi, Tomoko Izumi, Nicola Santoro, Giovanni Viglietta:On the Power of Weaker Pairwise Interaction: Fault-Tolerant Simulation of Population Protocols, The 37th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS 2017) , pp.2472-2477, 2017/06.
  7. Giuseppe Antonio Di Luna, Paola Flocchini, Taisuke Izumi, Tomoko Izumi, Nicola Santoro, Giovanni Viglietta:Population Protocols with Faulty Interactions: the Impact of a Leader, The 10th International Conference on Algorithms and Complexity (CIAC 2017), LNCS 10236, pp.454-466, Springer, 2017/05.
  8. 田中 智大,北村 尊義, 仲谷 善雄, 泉 朋子:気分に寄りそうナビゲーションシステムの提案, 第13回日本感性工学会春季大会, 2018/03.
  9. 南 和宏, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 楽曲聴取時のビートカウント能力評価指標の開発, 第13回日本感性工学会春季大会, 2018/03.
  10. 平石 雄規, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光行動の変化を誘発する観光情報提示システムのナッジデザインの検討, 第13回日本感性工学会春季大会, 2018/03.
  11. 泉 朋子:不便益の実験的検証(観光ナビを題材に), 不便益システムシンポジウム(招待講演), 2018/03/23.
  12. 植木 蒼馬,北村 尊義,泉 朋子,仲谷善雄: なじみを利用した観光行動誘発システムの提案, 情報処理学会第80回全国大会, 2017/03.
  13. 鳥田 拓也,北村 尊義,泉 朋子,仲谷善雄: 大規模地震発生時のドライバーの行動傾向をシミュレーションベースで調査するためのシステムの提案, 情報処理学会第80回全国大会, 2017/03.
  14. 小西 鉄馬, 北村 尊義,泉 朋子,仲谷善雄: あえて速度計を見せないことによりドライバーの速度抑制を促すシステムの提案, 情報処理学会第80回全国大会, 2017/03.
  15. 安井 友徳, 北村 尊義,泉 朋子,仲谷善雄: 地図を読めない児童の避難行動を支援する振動型避難方向指示システム, 情報処理学会第80回全国大会, 2017/03.
  16. 藤本 幸佑, 北村 尊義,泉 朋子,仲谷善雄: 他者の興奮度に関する情報を用いた観光スポット決定支援システムの提案, 情報処理学会第80回全国大会, 2017/03.
  17. 八木 涼平, 北村 尊義,泉 朋子,仲谷善雄: 非常時の電車内閉じ込めにおける相互扶助を促進するシステムデザインの改善検討, 情報処理学会第80回全国大会, 2017/03.
  18. 海保 宙也, 泉 朋子:「ひとがた」を用いた観光スポットの訪問意欲向上支援システム, 電子情報通信学会関西支部学生会 第23回学生会研究発表講演会, 2018/03 (奨励賞受賞).
  19. 八木 涼平, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 緊急時の電車内における相互扶助行動の支援システムのデザイン検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2017, 2017/09.
  20. 山脇 拓哉, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 独り言表現を用いた経路案内表現によるドライバーの曲がり角認知支援の検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2017, 2017/09 (奨励賞受賞) .
  21. 樋口 雄大, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: スマートフォンを用いたテキストによる消防緊急通報時の焦り度推定手法の提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2017 , 2017/09 .
  22. 平石 雄規, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ナッジを用いた観光誘導システムの実証的デザイン検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2017, 2017/09.
  23. 南 和宏, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: DJ初学者の基礎技術習得支援を目的とした熟練者と初学者の注視点分析, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2017, 2017/09.
  24. 田中 智大, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ランドマーク着目傾向を考慮したルートマップ型地図検索インタフェースの検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2017, 2017/09.
  25. 中 利弘, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光客のマルチエージェント広域避難行動シミュレーションにおけるインタフェースの検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2017, 2017/09.

2016年度

  1. 坂入威朗, 渡辺昌志, 亀井克之, 小中裕喜, 北村尊義, 泉朋子, 仲谷善雄:記憶にあるランドマークの相対的位置関係に基づいた地図検索方式,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol.136, No.10, pp.1483-1492, 電気学会, 2016/10.
  2. Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Do turning visited routes in black maps into white promote sightseeing?, The 2nd International Symposium on Artificial, Biological and Bio-Inspired Intelligence (14Th International Conference of Numerical Analysis and Applied Mathematics) , 1863, 360003, AIP, 2016/09.
  3. Tomoko Izumi, Takayoshi Kitamura, Yoshio Nakatani:A Suggestive Recommendation Method to Make Tourists “Feel Like Going”, 13th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems, Vol.49, No.19, pp.573-578, Elsevier, 2016/09.
  4. Takeo Sakairi, Masashi Watanabe, Katsuyuki Kamei, Masahiko Ikawa, Takayoshi Kitamura, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:A Study on the Location Search by Landmarks in Consideration of the Spatial Image, 13th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems, Vol.49, No.19, pp.361-366, Elsevier, 2016/09.
  5. Kohki Yoshida, Takayoshi Kitamura, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:A Simulation System of Experience with a Disaster by Locating Memories on a Virtual Space, the 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI’16), LNCS 9733, pp.355-362, Springer, 2016/07.
  6. Yudai Higuchi, Takayoshi Kitamura, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: A supporting system for emergency vehicles dispatching planning under a disaster situation, the 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI’16), LNCS 9733, pp.269-276, Springer, 2016/07.
  7. Ryohei Yagi, Takayoshi Kitamura, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Proposal for a system of mutual support among passengers trapped inside a train, the 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI’16) , LNCS 9733, pp.590-598, Springer, 2016/07.
  8. Alberto Gallegos, Taku Noguchi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Simulation study of Maximum Amount Shortest Path (MASP) Routing in Wireless Sensor Networks using ns-3, IEEE The Eighth International Conference on Ubiquitous and Future Networks (ICUFN’16), 2016/07.
  9. Alberto Gallegos, Taku Noguchi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Maximum Amount Shortest Path (MASP) routing protocol implementation in ns-3, ACM Workshop on ns-3 (WNS3’16), 2016/06 (poster).
  10. 樋口 雄大, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: スマートフォンを用いたテキストによる消防緊急通報時の焦り度判定手法の提案, 情報処理学会第79回全国大会, 2017/03.
  11. 八木 涼平, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 電車内に閉じ込められた乗客の相互扶助行動を促すシステムデザインの提案, 情報処理学会第79回全国大会, 2017/03.
  12. 平石 雄規, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ナッジに基づく観光情報提示ツールのデザイン表現の検討, 情報処理学会第79回全国大会, 2017/03.
  13. 田中 智大, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 見たままの風景情報に基づく地図検索手法に対する音声入力インタフェースの検討, 情報処理学会第79回全国大会, 2017/03.
  14. 南 和宏, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 没入感の高い注視点記録システムによるDJ熟練者と初学者の比較, 情報処理学会第79回全国大会, 2017/03.
  15. 山脇 拓哉, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: つぶやき表現を用いた音声案内によるドライバーの曲がり角認知支援の検討, 情報処理学会第79回全国大会, 2017/03.
  16. 泉 朋子, 北村 尊義, 仲谷 善雄: 効果音と観光情報の提示による観光スポット間の退屈感を低減する観光ナビゲーション, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2016, 2016/09.
  17. 北村 尊義, 中野 はるか, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 同調心理を考慮した幼児の食べ物好き嫌い克服支援システム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2016, 2016/09 (インパクト賞受賞) .
  18. 樋口 雄大, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 大規模災害時の緊急車両出動計画策定支援システムの評価と訓練システムへの応用, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2016, 2016/09.
  19. 八木 涼平, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 緊急時における電車内での相互扶助を促すシステムデザインの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2016, 2016/09.
  20. 坂入 威朗, 渡辺 昌志, 亀井 克之, 伊川 雅彦, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 風景内で注視したランドマークを検索キーとする地図検索手法, 平成28年 電気学会 電子・情報・システム部門大会, 2016/09.
  21. 泉 朋子, 前田 菜々江, 北村 尊義, 仲谷 善雄: 健康管理を支援する「いじわる」な冷蔵庫の提案 – 運動量に基づく飲酒量の管理 -, 電気学会C部門 情報システム研究会, Vol.IEEJ-IS-16, 2016/05.
  22. 北村 一博, 古川 至, 泉 朋子, 北村 尊義, 仲谷 善雄: スマートフォンセンサから抽出した混雑度と地図情報を用いた人数推定手法の開発, 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16) , 2016/05.

2015年度

  1. Naoto Emori, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: A Support System for Developing Tourist Evacuation Guidance, Transactions on Engineering Technologies -International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2015-, pp.15-28, Springer, 2016/03.
  2. Sayaka Kamei, Tomoko Izumi, Yukiko Yamauchi:An Asynchronous Self-Stabilizing Approximation for the Minimum CDS with Safe Convergence in UDGs, Theoretical Computer Science, Vol.615, No.15, pp.102-119, ELSEVIER, 2016/02.
  3. Kakeru Kusano, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: Nonlinguistic Disaster Information Sharing System using Visual Marks, Transactions on Engineering Technologies – World Congress on Engineering and Computer Science 2014-, pp.273-288, Springer, 2015/08.
  4. Tomoko Izumi, Sayaka Kamei, Yukiko Yamauchi:Set Cover Formation Algorithms by Mobile Robots, The 8th Annual Meeting of Asian Association for Algorithms and Computation (AAAC 2015), pp.13, 2015/05.
  5. 北村 尊義, 守屋 駿, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 旅ノート型システムを用いたリピータ創出手法の提案, 情報処理学会第78回全国大会, 2016/03.
  6. 吉田 光毅, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 災害時の思い出を用いた仮想空間型災害擬似体験システムの提案, 情報処理学会第78回全国大会, 2016/03.
  7. 坂入 威郎, 渡辺 昌志, 亀井 克之, 伊川 雅彦, 泉 朋子, 北村 尊義, 仲谷 善雄: 見た風景のイメージを検索キーとする地図検索手法, 情報処理学会第78回全国大会, 2016/03.
  8. 樋口 雄大, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 大規模災害発生時における緊急車両の出動計画策定支援システムの提案, 情報処理学会第78回全国大会, 2016/03.
  9. 江守 直人, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光客の行動パターンを考慮した避難誘導方法検討支援システム, 情報処理学会第78回全国大会, 2016/03.
  10. 八木 涼平, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 電車内に閉じ込められた乗客同士による相互扶助支援システムの提案, 情報処理学会第78回全国大会, 2016/03.
  11. 上田 真聖, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 周辺車両との匿名会話システムによる渋滞遭遇時のストレス軽減と他車配慮運転の促進, 情報処理学会第78回全国大会, 2016/03.
  12. 鄭 宇輝, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光地における群集心理特性を考慮した避難経路割り当て手法の提案, 情報処理学会第78回全国大会, 2016/03.
  13. 吉田 光毅, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 地図とパノラマ写真空間を用いた思い出コミュニケーション支援, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2015, 2015/09.
  14. 江守 直人, 北村 尊義, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光客避難誘導策定支援システム-従わない人のモデル化-, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2015 , 2015/09(優秀プレゼンテーション賞受賞) .

2014年度

  1. L. Ernesto Dominguez-rios, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: A Disaster Management Platform Based on Social Network System Oriented to the Communities Self-relief, IAENG International Journal of Computer Science, Vol.42, No.1, pp.8-16, IAENG, 2015/03.
  2. Tomoko Izumi, Keigo Kinpara, Taisuke Izumi, Koichi Wada: Space-efficient self-stabilizing counting population protocols on mobile sensor networks, Theoretical Computer Science, Vol.552, No.2, pp.99-108, ELSEVIER, 2014/10.
  3. Naoto Emori, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Support System for Developing Evacuation Guidance for Tourists: Visualization of the Number of Evacuees in a Space, International MultiConference of Engineers and Computer Scientists (iMecs 2015), pp.534-539, 2015/03.
  4. Tomoko Izumi, Sayaka Kamei, Yukiko Yamauchi:Approximation Algorithms for the Set Cover Formation by Oblivious Mobile Robots, The 18th International Conference on Principles of Distributed Systems (OPODIS2014), LNCS 8878, pp.233-247, Springer, 2014/12.
  5. Kakeru Kusano, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Disaster Information Sharing System using Pictograms: Representation of Multidimensional Information, The World Congress on Engineering and Computer Science (WCECS 2014), pp.171-176, 2014/10 (Certificate of Merit (Student) for International Conference on Computer Science and Applications 2014) .
  6. Luis Ernesto Dominguez Rios, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Active Social Network System for the Creation of Self-relief Communities in Disasters, The World Congress on Engineering and Computer Science (WCECS 2014), pp.74-79, 2014/10 (Best Student Paper Award of International Conference on Computer Science and Applications 2014) .
  7. Kakeru Kusano, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Nonlinguistic Disaster Information Sharing System Including Multidimensional Objects: a Proposal, IEEE 3rd Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2014) , pp.340-344, 2014/10.
  8. Satoshi Hasegawa, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Peer education support system for teachers who have not experienced street dance, Innovations in Information and Communication Science and Technology (IICST2014), 2014/09 (Poster) .
  9. Sato Kobayashi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:An interface for promoting daily photography, Innovations in Information and Communication Science and Technology (IICST2014), 2014/09 (Poster) .
  10. Yuusuke Kurosaki, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Memory-Sharing Support Tool for Improving Local Interaction, the 16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International’14), LNCS 8512, pp.444-453, Springer, 2014/06.
  11. Toshinori Sato, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Tourist Evacuation Guidance Support System for Use in Disasters, the 16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International’14), LNCS 8512, pp.494-501, Springer, 2014/06.
  12. 黒崎 雄介, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 思い出推薦による共同想起支援システムの提案, 情報処理学会第77回全国大会, 2015/03 (学生奨励賞) .
  13. 長谷川 聡, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ストリートダンス未経験者のピアエデュケーション支援システム – 提案と評価-, 情報処理学会第77回全国大会, 2015/03.
  14. 丹下 裕貴, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ストリートダンスの技習得支援におけるユーザ動作と模範動作の比較方法の評価, 情報処理学会第77回全国大会, 2015/03.
  15. 草野 翔, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 視覚記号のみによる災害時多次元情報共有システム, 情報処理学会第77回全国大会, 2015/03.
  16. 佐藤 利紀, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 選択の心理を用いた災害時避難先提示方法の提案と評価, 情報処理学会第77回全国大会, 2015/03.
  17. 吉田 光毅, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ストリートビュー型仮想空間上のコミュニケーションを用いた思い出想起支援システムの提案, 情報処理学会第77回全国大会, 2015/03.
  18. 江守 直人, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光客避難誘導策定ツール.
  19. 避難に従わない人々のモデル化の検討, 情報処理学会第77回全国大会, 2015/03.

  20. 阪口 大弥, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 「なんとなく足が向く」を促す散策観光支援インタフェースの比較・評価, 情報処理学会第77回全国大会, 2015/03.
  21. 小林 聡太, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 何気ない日常風景の写真撮影促進システムの提案と評価, 情報処理学会第77回全国大会, 2015/03.
  22. 坂入 威郎, 渡辺 昌志, 小中 裕喜, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 空間的イメージに基づいた地図検索方式の検討, 第23回 地理情報システム学会 学術研究発表大会, 2014/11.
  23. 仲谷 善雄, 泉 朋子: 思い出工学の提案~被災者の思い出想起支援を中心に~, 第5回横幹連合総合シンポジウム、オーガナイズドセッション「環境・エネルギー・防災」, 2014/11.
  24. Tomoko Izumi: Sightseeing Navigation Systems using a Map with Limited Information, The 6th Asian Joint Workshop on Information Technologies (RU-DUT Workshop) , 2014/10.
  25. 阪口 大弥, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 散策観光における“なんとなく足が向く”を支援するシステム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2014, 2014/09.
  26. 黒崎 雄介, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 電子地図を用いた思い出共同想起支援システムの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2014, 2014/09.
  27. 佐藤 利紀, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 避難者位置に応じた避難誘導システムにおける情報提示方法の検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2014, 2014/09.
  28. 長谷川 聡, 八村 広三郎, 鹿内 菜穂, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ストリートダンスを対象としたピアエデュケーション支援システム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2014, 2014/09.
  29. 丹下 裕貴, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ストリートダンスの技習得に対するユーザ動作および模範動作の表示法の比較検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2014, 2014/09.
  30. 江守 直人, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光客日案誘導策定支援ツールの開発-空間内避難者数の視覚化-, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2014, 2014/09.
  31. 小林 聡太, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 日常風景の写真撮影促進インタフェースの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2014, 2014/09.
  32. 草野 翔, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 災害発生時における無言語化した多次元情報共有システム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2014, 2014/09.

2013年度

  1. Kazuhiro Yamasaki, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani: Communication Support System Between Persons with Dementia and Family based on Memory Recollection and Life Story,International Journal On Advances in Life Sciences, Vol.5, No.1&2, pp.79-88, IARIA, 2013/06.
  2. Tomoko Izumi, Taisuke Izumi, Sayaka Kamei, Fukuhito Ooshita: Time-optimal Gathering Algorithm of Mobile Robots with Local Weak Multiplicity Detection in Rings,IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences(Special Issue of Discrete Mathematics and Its Applications), Vol.E96-A, No.6, pp.1072-1080, IEICE, 2013/06.
  3. Taisuke Izumi, Tomoko Izumi, Sayaka Kamei, Fukuhito Ooshita: Feasibility of Polynomial-time Randomized Gathering for Oblivious Mobile Robots,IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol.24, No.4, pp.716-723, IEEE, 2013/04.
  4. Shuichi Takagi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Five Shightseeing Navigation Systems using Limited Information, 2013 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence (TAAI 2013), IEEE, 2013/12 (6 pages) .
  5. Hiroya Sakaguchi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:An Opportunistic Tourism Navigation System using Photographing Location Recommendation, 2013 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence (TAAI 2013), IEEE, 2013/12 (6 pages) .
  6. Hirofumi Eguma, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:A Tourist Navigation System in which a Historical Character Guides to Related Spots by Hide-and-Seek, 2013 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence (TAAI 2013), IEEE, 2013/12 (6 pages) .
  7. Sayaka Kamei, Tomoko Izumi, Yukiko Yamauchi:An Asynchronous Self-Stabilizing 6-Approximation for the Minimum Connected Dominating Set with Safe Convergence, The 15th International Symposium on Stabilization, Safety, and Security of Distributed Systems (SSS2013), LNCS 8255, pp.251-265, Springer, 2013/11.
  8. Tomoko Izumi, Masaki Masuda, Yoshio Nakatani:Sightseeing Spot Communication System using Four-Frame Stories, The 6th International Conference on Advances in Human-oriented and Personalized Mechanisms, Technologies, and Services (CENTRIC 2013) , pp.55-60, 2013/10.
  9. Hiroya Sakaguchi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:An Opportunistic Tourism Navigation System using Photography Location Recommendation, The 6th International Conference on Advances in Human-oriented and Personalized Mechanisms, Technologies, and Services (CENTRIC 2013), pp.61-66, 2013/10.
  10. Kakeru Kusano, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Disaster Information Sharing System Using Pictograms Only, The 6th International Conference on Advances in Human-oriented and Personalized Mechanisms, Technologies, and Services (CENTRIC 2013), pp.67-72, 2013/10.
  11. Shuichi Takagi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Sightseeing Assistance via Information Inheritance with Journey Note System in Sightseeing Spots, The World Congress on Engineering and Computer Science (WCECS 2013), pp.764-769, 2013/10 (Certificate of Merit (Student) for International Conference on Communications Systems and Technologies 2013) .
  12. Sota Kobayashi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Support System for Learning Heuristic Knowledge of Photography, The World Congress on Engineering and Computer Science (WCECS 2013), pp.196-201, 2013/10.
  13. Takuro Takesue, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Locking Dance Instruction Support Method for Teachers Inexperienced in Street Dance, Innovations in Information and Communication Science and Technology (IICST2013), pp.99-106, 2013/09.
  14. Yuuki Tange, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Self-Teaching of Elementary Motions for Street Dance Beginners Using Light Rays, Innovations in Information and Communication Science and Technology (IICST2013), pp.127-134, 2013/09.
  15. Akihiro Kawabe, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:A Refuge Location Prediction System for When a Tsunami Has Occurred, the 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2013), LNCS 8006, pp.295-300, 2013/07.
  16. Tomoya Ohiro, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:An Awareness System for Supporting Remote Communication – Application to Long-Distance Relationships –, the 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2013), LNCS 8006, pp.329-338, 2013/07.
  17. 江守 直人, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光客避難誘導策定支援ツールにおける空間内避難者数の視覚化の提案, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  18. 山崎 和紘, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 思い出共感促進による認知症者と家族のコミュニケーション支援, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  19. 阪口 大弥, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 場の雰囲気にもとづく散策観光支援システム, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  20. 黒崎 雄介, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 被災地住民の思い出共同想起による復興計画支援の実験結果報告, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  21. 佐藤 利紀, 泉 朋子, 仲谷 善雄: バス停を活用した災害時避難誘導システムの提案, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  22. 長谷川 聡, 鹿内 菜穂, 八村 広三郎, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ストリートダンス未経験教師間のピアエデュケーションシステム, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  23. 丹下 裕貴, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 要素動作プロジェクションによるストリートダンス未経験者のための自習支援システム, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  24. 小野 一樹, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 津波警報時の自動車避難状況分析ツールの提案と大阪湾への適用, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  25. 小林 聡太, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 思い出想起のための何気ない日常風景の写真撮影支援, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  26. 武居 拓郎, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 認知的徒弟制度に基づいたストリートダンス未経験教師の支援枠組み, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  27. 高木 修一, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光地での旅ノート型情報継承による偶発的観光の支援, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  28. 川邉 顕裕, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 津波発生時の住民避難先推定システム -避難先候補に関する住民への事前調査の利用-, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  29. 石田 涼, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 津波警報時のJR大阪駅周辺における避難計画策定支援, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  30. 草野 翔, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ピクトグラムによる災害時情報共有システム2次元情報の入力手段の検討, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  31. 大廣 智也, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 遠距離恋愛者に対する日常の行動を用いたアウェアネス支援の提案, 情報処理学会第76回全国大会, 2014/03.
  32. 泉 朋子, 益田 真輝, 仲谷 善雄: 写真を用いた四コマ物語による観光スポット情報交換システム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  33. 山崎 和紘, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 認知症者と家族の思い出共感促進によるケア支援, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  34. 阪口 大弥, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 撮影スポット推薦によるopportunisticな観光ナビシステム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  35. 黒崎 雄介, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 地域交流を活性化させるための思い出共有支援ツールの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  36. 佐藤 利紀, 泉 朋子, 仲谷 善雄: WiFiを用いた観光客向け災害時優先情報システムの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  37. 長谷川 聡, 八村 広三郎, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ストリートダンス未経験教師間のピアエデュケーション支援システム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  38. 丹下 裕貴, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 要素動作プロジェクションによるストリートダンス自習支援システム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  39. 小野 一樹, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 津波警報時の大阪湾における自動車避難状況予測ツール, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  40. 小林 聡太, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 写真撮影における発見的知識の習得支援システム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  41. 武居 拓郎, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 認知的徒弟制度に基づいたストリートダンス未経験教師の支援枠組み, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  42. 高木 修一, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光スポットでの旅ノート型情報継承による観光支援, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  43. 川邉 顕裕, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 津波発生時の緊急医療チーム向け避難先推定システム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  44. 石田 涼, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 津波警報時のJR大阪駅周辺における避難誘導検討システム-ビル・地下街を考慮したモデル-, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  45. 草野 翔, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ピクトグラムを用いた災害情報SNS, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.
  46. 大廣 智也, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 遠距離恋愛者に対するアウェアネスを用いたコミュニケーション支援の提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2013, 2013/09.

2012年度

  1. Daisuke Baba, Tomoko Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa: Linear time and space gathering of anonymous mobile agents in asynchronous trees,Theoretical Computer Science, Vol.478, No.25, pp.118-126, Elsevier, 2013/03.
  2. 益田真輝, 泉朋子, 仲谷善雄: 観光をあえて未完了に感じさせることによるリピータ創出システムの提案, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.14, No.3, pp.33-44, ヒューマンインタフェース学会, 2012/08 (第13回ヒューマンインタフェース学会論文賞).
  3. Fukuhito Ooshita, Tomoko Izumi, Taisuke Izumi: The Price of Multi-organization Constraint in Unrelated Parallel Machine Scheduling,Parallel Processing Letters, Vol.22, No.2, World Scientific Publishing, 2012/05.
  4. Ryo Ishida, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Simulation System of Tsunami Evacuation Behavior during an Earthquake at JR Osaka Station Area, The 8th International Conference on Geo-information for Disaster Management (Gi4DM) 2012 , pp.309-316, Springer(LNG&C), 2012/12.
  5. Seiki Kinugasa, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Evaluation of a Support System for Large Area Tourist Evacuation Guidance: Kyoto Simulation Results, The 8th International Conference on Geo-information for Disaster Management (Gi4DM) 2012 , pp.67-78, Springer(LNG&C), 2012/12.
  6. Akihiro Kawabe, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:A Refuge Location Prediction System for Supporting Disaster Medicine, The 8th International Conference on Geo-information for Disaster Management (Gi4DM) 2012, pp.117-124, 2012/12 (poster).
  7. Yukiko Yamauchi, Tomoko Izumi, Sayaka Kamei:Mobile Agent Rendezvous on a Probabilistic Edge Evolving Ring, The 3rd International Conference on Networking and Computing (ICNC2012) , pp.103-112, 2012/12.
  8. Seiki Kinugasa, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Evaluation of a Support System for Large Area Tourist Evacuation Guidance: Kyoto Simulation Results, The 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and the 13th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS-ISIS 2012), pp.440-445, 2012/11.
  9. Kazuhiro Yamasaki, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Communication Support System between Persons with Dementia and Family Caregivers using Memories, Fifth International Conference on Advances in Human-oriented and Personalized Mechanisms, Technologies, and Services (CENTRIC 2012), pp.62-67, 2012/11.
  10. Ryo Ishida, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:A Simulation System for Tsunami Evacuation Behavior in the JR Osaka Station Area, Fifth International Conference on Advances in Human-oriented and Personalized Mechanisms, Technologies, and Services (CENTRIC 2012) , pp.56-61, 2012/11.
  11. Shuichi Takagi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:A Sightseeing Navigation System without Route Information, Fifth International Conference on Advances in Human-oriented and Personalized Mechanisms, Technologies, and Services (CENTRIC 2012) , pp.50-55, 2012/11.
  12. Kazuki Ono, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:A Route Recommendation System in Disaster-Struck Areas with Consideration for Preferences of Affected Drivers, Fifth International Conference on Advances in Human-oriented and Personalized Mechanisms, Technologies, and Services (CENTRIC 2012), pp.44-49, 2012/11 (Best Paper Award) .
  13. Yosei Isoe, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:On-Site Knowledge Transfer of Agriculture: TalkingPot, Fifth International Conference on Advances in Human-oriented and Personalized Mechanisms, Technologies, and Services (CENTRIC 2012), pp.38-43, 2012/11.
  14. Tomoko Izumi, Yukiko Yamauchi, Sayaka Kamei:Brief Announcement:Mobile Agent Rendezvous on Edge Evolving Rings, The 14th International Symposium on Stabilization, Safety, and Security of Distributed Systems (SSS2012), LNCS 7596, pp.92-94, Springer, 2012/10 (Brief Announcement) .
  15. Kosuke Tsuji, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Disaster Measure Support System for Children While on the Way to School, Innovations in Information and Communication Science and Technology (IICST2012), pp.90-98, 2012/09.
  16. Yosei Isoe, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Plant Pots Talk about Agriculture, Innovations in Information and Communication Science and Technology (IICST2012), pp.131-138, 2012/09.
  17. Tomoya Ohiro, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Remote Communication Support System on Smartphone by Enhancing Awareness – Application to long-distance relationship-, The first International Symposium on Socially and Technically Symbiotic Systems (STSS2012), pp.38-1-38-8, 2012/08 (CD-ROM) .
  18. Shuichi Takagi, Tomoko Izumi, Yoshio Nakatani:Tour Navigation System Using Landmarks that Are Customized by Personal Preference, The first International Symposium on Socially and Technically Symbiotic Systems (STSS2012), pp.47-1-47-7, 2012/08 (CD-ROM) .
  19. Taisuke Izumi, Tomoko Izumi, Hirotaka Ono, Koichi Wada:Minimum Certificate Dispersal with Tree Structures, The 9th annual conference on Theory and Applications of Models of Computation (TAMC2012), LNCS 7287, pp.548-559, Springer, 2012/05.
  20. 黒崎 雄介, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 町の思い出共有による地域住民コミュニケーション支援ツールの提案, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  21. 大廣 智也, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 遠隔二者間のアウェアネスの向上を目的としたコミュニケーション支援の提案, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  22. 佐藤 利紀, 仲谷 善雄, 泉 朋子: 日常的に利用するSNS をベースとする災害時情報システムの提案, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  23. 山崎 和紘, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 認知症者と家族の思い出共感支援システム, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  24. 石田 涼, 仲谷 善雄, 泉 朋子: 津波襲来時の駅周辺における避難行動シミュレーション – ビル、地下街を考慮した JR 大阪駅周辺の模擬 -, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  25. 川邉 顕裕, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 津波発生時の避難先推定システム, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  26. 衣笠 成輝, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光客避難誘導方法の評価支援システム – 行動モデルとその検証 -, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  27. 辻 康祐, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 外出中社員を対象とした被災時社員行動支援システム, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  28. 小野 一樹, 仲谷 善雄, 泉 朋子: 津波警報時の大阪湾における自動車避難シミュレーション, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  29. 草野 翔, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ピクトグラムを用いた災害情報共有システムの提案, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  30. 益田 真輝, 仲谷 善雄, 泉 朋子: 写真を用いた四コマ物語による観光スポット推薦支援システム, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  31. 阪口 大弥, 仲谷 善雄, 泉 朋子: Opportunistic な撮影スポット推薦による観光ナビシステム, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  32. 髙木 修一, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 観光現場での観光客間情報継承による偶発的観光の支援, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  33. 福田 未央, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 服との対話によるファッションコーディネート支援システム-長期利用によるシステム評価-, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  34. 武居 拓郎, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 認知的徒弟制度に基づいてストリートダンス未経験教師を支援する枠組みの提案, 情報処理学会第75回全国大会,2013/03.
  35. 丹下 裕貴, 仲谷 善雄, 泉 朋子: ストリートダンス初学者を対象とした光線による要素動作の自習支援システム, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  36. 磯江 陽生, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 農作業現場でのプランタの語りかけを用いた知識継承の試み, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  37. 小林 聡太, 仲谷 善雄, 泉 朋子: 失敗写真を減らすための写真撮影知識習得支援システム, 情報処理学会第75回全国大会, 2013/03.
  38. 磯江 陽生, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ユーザの作業履歴に基づく農作業現場での知識継承の試み, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2012, 2012/09.
  39. 石田 涼, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 震災時のJR大阪駅周辺における津波避難行動シミュレーションシステム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2012, 2012/09.
  40. 小野 一樹, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 被災者心理を考慮した被災地のルート推薦システム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2012, 2012/09.
  41. 山崎 和紘, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 思い出を用いた認知症者と家族介護者間におけるコミュニケーション支援, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2012, 2012/09.
  42. 福田 未央, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ファッションコーディネート支援システムTalkin’ Closetにおけるパーソナライゼーション, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2012, 2012/09.
  43. 益田 真輝, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 物語の創作・共有を通じて個性的観光を創出するシステムの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2012, 2012/09.
  44. 武居 拓郎, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ロックダンス教育支援における重要動作の抽出と提示~ストリートダンス未経験教師の支援~, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2012, 2012/09.
  45. 高木 修一, 益田 真輝, 泉 朋子, 仲谷 善雄: ランドマークを用いた散策観光支援システムの提案, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2012, 2012/09.
  46. 川邊 顕裕, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 津波発生時に派遣医療チームを支援するための避難先推定システム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2012, 2012/09.
  47. 大廣 智也, 泉 朋子, 仲谷 善雄: 遠距離恋愛者の相互の恋愛行動へのアウェアネス支援, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2012, 2012/09.
  48. 辻 康祐, 泉 朋子, 仲谷 善雄, 田中 聡, 矢津田 智子: 外出中社員向け被災時行動教育システム, ヒューマンインタフェースシンポジウム 2012, 2012/09.
  49. 泉 泰介, 泉 朋子: 完全ネットワーク上で最小生成木問題を解く新しい分散アルゴリズム, 2012年夏のLAシンポジウム, 2012/07.

2011年度

  1. 島川博光, 横田裕介, 徐剛, 山口秀樹, 脇田航, 榊原一紀, 陳延偉, 泉朋子, 野口拓, 黄宏軒:動機付けとプログラミング能力向上を目指したコースプランの改善, ICT活用教育方法研究, Vol.14, No.1, pp.21-25, 私立大学情報教育協会, 2011/11.
  2. 大廣 智也, 仲谷 善雄, 泉 朋子: アウェアネスの支援による遠隔コミュニケーション支援の提案- 遠距離恋愛への適用-, 情報処理学会第74回全国大会, 2012/03.
  3. 泉 泰介, 泉 朋子, 小野 廣隆, 和田 幸一: 木ネットワークにおける証明書分散問題の近似可能性について, 情報処理学会第74回全国大会, 2012/03.
  4. Taisuke Izumi, Tomoko Izumi, Hirotaka Ono, Koichi Wada: Complexity of Minimum Certificate Dispersal Problem with Tree Structure, 情報処理学会研究報告(2011-AL-136), Vol.2011-AL-136, No.3, 2011/09.
  5. 山内 由紀子, 泉 朋子, 亀井 清華: Mobile Agent Rendezvous on an Edge Evolving Ring, 第7回情報科学ワークショップ, 2011/09.

2010年度

  1. Tomoko Izumi, Taisuke Izumi, Hirotaka Ono, Koichi Wada: Approximability and Inapproximability of the Minimum Certificate Dispersal Problem,Theoretical Computer Science, Vol.411, No.31-33, pp.2773-2783, Elsevier, 2010/06.
  2. Keigo Kinpara, Tomoko Izumi, Taisuke Izumi, Koichi Wada:Improving Space Complexity of Self-stabilizing Counting on Mobile Sensor Networks, The 14th International Conference On Principles Of Distributed Systems (OPODIS2010), LNCS 6490, pp.504-515, Springer, 2010/12.
  3. Daisuke Baba, Tomoko Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa:Space-Optimal Rendezvous of Mobile Agents in Asynchronous Trees, The 17th International Colloquium on Structural Information and Communication Complexity (SIROCCO2010), LNCS 6058, pp.86-100, Springer, 2010/06.
  4. Tomoko Izumi, Taisuke Izumi, Sayaka Kamei, Fukuhito Ooshita:Mobile Robots Gathering Algorithm with Local Weak Multiplicity in Rings, The 17th International Colloquium on Structural Information and Communication Complexity (SIROCCO2010) , LNCS 6058, pp.101-113, Springer, 2010/06.

2009年度

  1. Daisuke Kadono, Tomoko Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa: An Ant Colony Optimization Routing based on Robustness for Ad Hoc Networks with GPSs,Ad Hoc Networks, Vol.8, No.1, pp.63-76, Elsevier, 2010/01.
  2. Gen Nishikawa, Tomoko Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa: A Self-adaptive Routing Protocol in Wireless LANs based on Attractor Selection,IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E92-D, No.10, pp.2016-2024, IEICE, 2009/10.
  3. Tomoko Izumi, Taisuke Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa: A Biologically Inspired Self-Adaptation of Replica Density Control,IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E92-D, No.5, pp.1125-1136, IEICE, 2009/05.
  4. Daisuke Baba, Tomoko Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa:Mobile Agents Rendezvous in Tree Networks, The 2nd International Workshop on Reliability, Availability, and Security (WRAS2009), 2009/12 (poster) .
  5. Fukuhito Ooshita, Tomoko Izumi, Taisuke Izumi:A Generalized Multi-Organization Scheduling on Unrelated Parallel Machines, The 10th International Conference on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies (PDCAT2009), IEEE, 2009/12.
  6. Taisuke Izumi, Tomoko Izumi, Sayaka Kamei, Fukuhito Ooshita:Randomized Gathering of Mobile Robots with Local-Multiplicity Detection, The 11th International Symposium on Stabilization, Safety, and Security of Distributed Systems (SSS 2009), LNCS 5873, pp.384-398, Springer, 2009/11.
  7. Tomoko Izumi, Taisuke Izumi, Hirotaka Ono, Koichi Wada:Relationship between Approximability and Request Structures in the Minimum Certificate Dispersal Problem, The 15th International Computing and Combinatorics Conference (COCOON2009), LNCS 5609, pp.56-65, Springer, 2009/07.
  8. Taisuke Izumi, Tomoko Izumi, Sayaka Kamei, Fukuhito Ooshita:Probabilistic Gathering of Mobile Robots with Weak Multiplicity-Detection Capabilities, The 2nd Annual Meeting of Asian Association for Algorithms and Computation (AAAC2009), 2009/04.
  9. Keigo Kinpara, Tomoko Izumi, Taisuke Izumi, Koichi Wada:Space-Efficient Self-Stabilizing Counting Protocol on Mobile Sensor Networks with a Base Station, The 2nd Annual Meeting of Asian Association for Algorithms and Computation (AAAC2009), 2009/04.
  10. Daisuke Baba, Tomoko Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa: Rendezvous of Asynchronous Mobile Agents in Trees, 情報処理学会研究報告(2010-AL-128), Vol.2010-AL-128, No.4, 2010/01.
  11. 金原 圭吾, 泉 朋子, 泉 泰介, 和田 幸一: 基地局を含むモバイルセンサネットワークにおけるセンサ数を求めるメモリ効率の良い自己安定プロトコル, 東海支部連合大会, 2009/09.
  12. 馬場 大輔, 泉 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: 木ネットワークにおけるエージェント集合問題に対する空間複雑度最適なアルゴリズム, 2009年夏のLAシンポジウム, 2009/07.

2008年度

  1. 乾 広二, 鈴木 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: 構造化オーバレイネットワークにおける故障耐性向上のための経路多重化法,電子情報通信学会論文誌D, Vol.J91-D, No.5, pp.1261-1274, 電子情報通信学会, 2008/05.
  2. Daisuke Kadono, Tomoko Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa:A Robustness Based Ant Colony Optimization Routing for Ad Hoc Networks with GPSs, The 2008 International Conference on Wireless Networks(ICWN2008), pp.360-366, 2008/07.
  3. 泉 朋子, 泉 泰介, 小野 廣隆, 和田 幸一: 証明書分散問題の近似可能性について, 情報処理学会研究報告(2009-AL-123), Vol.2009, No.18, pp.49-56, 2009/03.
  4. 大下 福仁, 泉 朋子, 泉 泰介: 相互無関係並列マシンにおける一般化多組織スケジューリング, 電子情報通信学会技術研究報告(COMP2008-23-33), Vol.108, No.206, pp.63-70, 2008/09.
  5. 泉 朋子, 泉 泰介, 小野 廣隆, 和田 幸一: 証明書分散配置問題についての一考察, 第4回情報科学ワークショップ, 2008/09.
  6. 泉 泰介, 泉 朋子, 大下 福仁: 局所的な辺移動によるリングの構成可能性について, 第4回情報科学ワークショップ, 2008/09.

2007年度

  1. Tomoko Suzuki, Taisuke Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa: Move-optimal Gossiping among Mobile Agents,Theoretical Computer Science, Vol.393, No.1-3, pp.90-101, Elsevier, 2008/03.
  2. Tomoko Suzuki, Taisuke Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa:Optimal Moves for Gossiping among Mobile Agents, the 14th Colloquium on Structual Information and Communication Complexity(SIROCCO2007), LNCS 4474, pp.151-165, Springer, 2007/06.
  3. 角野 大輔, 鈴木 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: モバイルアドホックネットワークにおけるGPSを用いたACOルーティング, 情報処理学会研究報告(2007-MPS-67), Vol.2007, No.128, pp.227-230, 2007/12.
  4. 西川 元, 鈴木 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: 無線LAN環境におけるアトラクター選択を用いた経路選択手法, 情報処理学会研究報告(2007-MPS-67), Vol.2007, No.128, pp.231-234, 2007/12.
  5. 角野 大輔, 鈴木 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: モバイルアドホックネットワークにおけるGPSを用いたACOルーティングの検討, 第3回情報科学ワークショップ, 2007/09.
  6. 西川 元, 鈴木 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: アトラクター選択に基づくアクセスポイント/経路選択手法, 第3回情報科学ワークショップ, 2007/09.

2006年度

  1. Tomoko Suzuki, Taisuke Izumi, Fukuhito Ooshita, Toshimitsu Masuzawa: Self-Adaptive Mobile Agent Population Control in Dynamic Networks based on the Single Species Population Model,IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E90-D, No.1, pp.314-324, IEICE, 2007/01.
  2. 鈴木 朋子, 泉 泰介, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: モバイルエージェント間ゴシップの移動計算量について, 電子情報通信学会技術研究報告(COMP2006-50-59), Vol.106, No.566, pp.29-36, 2007/03.
  3. 古川 正広, 鈴木 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: 類似実行に基づく耐故障分散アルゴリズム理解支援システムの提案, 情報処理学会研究報告(2007-MPS-63), Vol.2007, No.19, pp.37-40, 2007/03.
  4. 森川 雅和, 鈴木 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: 領域被覆のためのセンサネットワークアルゴリズム, 情報処理学会研究報告(2007-DPS-130), Vol.2007, No.16, pp.357-362, 2007/03.
  5. 乾 広二, 鈴木 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: 分散ハッシュテーブルChordにおける故障耐性向上のための経路の多重化手法, 電子情報通信学会技術研究報告(NS2006-138-149), Vol.106, No.418, pp.39-44, 2006/12.
  6. 鈴木 朋子, 泉 泰介, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: Gossip Algorithms over Mobile Agents, 第2回情報科学ワークショップ, 2006/09.
  7. 乾 広二, 鈴木 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: 分散ハッシュテーブルChordにおける故障耐性の向上を目指した経路の多重化手法の提案, 第2回情報科学ワークショップ, 2006/09.
  8. 古川 正広, 鈴木 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: 耐故障分散アルゴリズムの類似実行に基づく理解支援システム, 第2回情報科学ワークショップ, 2006/09.
  9. 森川 雅和, 鈴木 朋子, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: 複数センサから開始可能な連結センサカバーアルゴリズムの検討, 第2回情報科学ワークショップ, 2006/09.

2005年度

  1. Tomoko Suzuki, Taisuke Izumi, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Toshimitsu Masuzawa:Bio-inspired Replica Density Control in Dynamic Networks, the 2nd International Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology(Bio-ADIT2006), LNCS 3853, pp.281-293, Springer, 2006/01.
  2. Tomoko Suzuki, Taisuke Izumi, Fukuhito Ooshita, Toshimitsu Masuzawa:Biologically Inspired Self-Adaptation of Mobile Agent Population, the 3rd International Workshop on Self-Adaptable and Autonomic Computing Systems (SAACS2005), pp.170-174, IEEE, 2005/08 (Best Paper Award) .
  3. Tomoko Suzuki, Taisuke Izumi, Fukuhito Ooshita, Toshimitsu Masuzawa:Self-Adaptation of Mobile Agent Population in Dynamic Networks: A Biologically Inspired Approach, the 2nd IEEE International Conference on Autonomic Computing (ICAC2005), pp.374-375, IEEE, 2005/06(poster) .
  4. 鈴木 朋子, 泉 泰介, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: 動的ネットワークにおける生態系パラダイムに基づく静的資源数制御, 情報処理学会研究報告(2005-AL-102), Vol.2005, No.91, pp.51-58, 2005/09.
  5. 鈴木 朋子, 泉 泰介, 大下 福仁, 角川 裕次, 増澤 利光: 単一種個体群モデルに基づく動的ネットワークにおける静的資源数制御, 第1回情報科学ワークショップ, 2005/09.

2004年度

  1. 鈴木 朋子, 泉 泰介, 大下 福仁, 増澤 利光: 動的ネットワークにおける生態系パラダイムに基づくモバイルエージェント数制御, 情報処理学会研究報告(2004-MPS-52), Vol.2004, No.130, pp.65-68, 2004/12.
  2. 鈴木 朋子, 泉 泰介, 大下 福仁, 増澤 利光: 生態系パラダイムに基づくモバイルエージェント数制御について, 2004年夏のLAシンポジウム, 2004/07.